代表者ご挨拶

設立代表者 福原正幸
設立代表者 福原正幸

私たちの活動と利用者様の笑顔 これらすべてを世の財産とするために。


社会福祉法人「四季の里」を準備・設立・運営して25年が過ぎました。

この期間私たち四季の里は「精神障がい者の人たちが地域で普通の暮らしをしていく」という当法人の理念に基づいて、様々な取り組みを実施してきました。こうした取り組みの背景には当事者・家族・職員・病院・地域・行政など多様な協働作業の積み重ねがあったからで、みなさまには大変感謝しています。
今後は障がい者の自立支援を図るため、農業・畜産業等で自然とふれあい、収益事業を拡大しながら、障がい者がいきいきと働く場を提供していきます。
また25年度からは新たに保育事業と介護事業をスタートし、全てのライフステージで支援できる環境作りを行いました。
引き続き今後も当法人は精神障がい者のみならず福祉的ニーズを持たれている方々への支援にもあたっていこうと考えています。